忍者ブログ

動労総連合・九州ブログ

国鉄九州動力車労働組合(通称:動労総連合・九州)の活動を紹介するブログです。

5・1メーデーへのアピール

5月1日に東京で行われたメーデー集会に送らせてもらったメッセージを紹介します。



5・1メーデーへのアピール


2016年5月1日 

国鉄九州動力車労働組合 

 



 メーデー参加者のみなさん、日々の闘いおつかれさまです。動労総連合・九州より、共に闘う決意を込めてメッセージを送らせていただきます。


 皆さまがご存知のとおり、4月14日、16日と熊本県を中心とした九州各地を震度7の大地震が襲いました。27日午後6時現在で49人の方が亡くなられ、なお一人が安否不明、37000人に上る人々が依然として避難所での生活を余儀なくされるという大きな被害がもたらされています。さらに行政が把握していない多くの自主避難所や車中泊者が存在し、その全容はつかめていません。その中で肺塞栓症(エコノミークラス症候群)などによる震災関連死が増加し、すでに16人の方が亡くなったと報じられています。このような報道に触れ、長期化する避難生活をおくる現地の人々を思うたびに、胸が張り裂けんばかりの哀しみがつのります。


 

 今回の地震は、単なる自然災害では断じてありません。それは国鉄分割・民営化以来30年余にわたって推し進められてきた新自由主義政策がもたらした搾取と貧困の拡大、地方の切り捨て、社会機能の崩壊によってその被害が極限的に拡大された、まごうことなき人災です。保守・修繕のコストを削減し続けた結果、鉄道や道路、港湾および空港は全てストップし、避難経路の確保や物資の補給は大幅な制限を受けるに至りました。住民の避難場所であり災害対策の拠点であるはずの公立病院や役場そのものが老朽化を放置した結果として倒壊・破損するに至り、甚大な混乱をもたらしています。何より、際限なき人員削減、民営化・外注化・非正規職化と労働組合の破壊により、住民の生活と密接につながった自治体の機能は根底から破壊され、全国から届けられても被災者まで届かず山積みになる物資、届けられないから受け入れを拒否する自治体という転倒しきった現実が生み出されています。国による「プッシュ型支援」と称した自治体を介さない「物資の押し付け」はこうした混乱に輪をかける結果を生み出しました。安倍政権は「物流の早期回復」を誇っていますが、それは被災者の間の「経済格差」を露わにし、なお一層の分断を生み出しています。


 

 何より、今回の地震は震源が川内原発にほど近い熊本県南部や、伊方原発へと続く中央構造線へと向かう大分県にまで連動し、現在に至るまで実に970回超の揺れが続いています。大規模地震は他の活断層や火山活動にも重大な影響をもたらすということは、争う余地のない事実です。重大事故の際にはその使用が前提となっている高速道路、新幹線はすべてストップし、避難計画は完全に破産が突き付けられました。にもかかわらず政府、原子力規制委員会、電力会社は「原発に異常はない。停止の必要はない。」と開きなおり、原発利権にすがりつくために稼働を継続しています。断じて許すことはできません。


 

 さらに、この原発稼働継続は核武装のためのものであり、安倍政権による改憲・戦争への突入と一体です。熊本地震の直後、自衛隊は武装したF2‐A戦闘機をスクランブル発進させ、被災地を「警戒監視」しました。19日には南阿蘇村に米海兵隊のMV22オスプレイを飛来させ、軍用車両の通行を一切に優先させるなど、集団的自衛権行使の先取り演習として今回の地震対策をおこなっています。災害ボランティアもすべて行政が管理し、自主的な救援活動はやらせないという治安管理の意図がむき出しにされています。それは、労働者住民が自主的に団結し災害に立ち向かう中で、そこにはらまれている新自由主義の破綻的現実をつかみ、怒りをもって立ち上がることを予防的に押しつぶすためだけにおこなわれている治安弾圧そのものです。そして、それによって本来発揮されるべき労働者・住民の共同性は阻害され、被害の拡大と被災地における分断がもたらされています。それこそが日本政府、安倍政権が「3・11」を「教訓」化し、実践していることの全てです。


 

 動労総連合・九州は、この「第2の3・11」とも言うべき熊本大震災の現実に対して、今こそ労働組合として声を挙げようと決断し、4月17日以来現地救援活動を開始しました。4月20日には緊急の呼びかけにも関わらず全国の仲間から多くの救援物資を送っていただき、それを熊本に実家を持つ動労福島の仲間と共に、地震被害の大きかった熊本県益城町へ届けることができました。改めて全国の仲間に感謝を申し上げます。

 現在も、熊本県内各地で救援活動をおこなっています。私たちの力はまだ本当に微々たるものですが、全国の仲間の支えをもって熊本現地とつながることで、この大震災を乗り越え、新自由主義を打ち破ることのできる強固な団結をつくりあげていく決意です。そのために、改めて被災地救援活動への皆さんの御支援をよろしくお願いします。


 

 これから本格的に問題になるのは、震災解雇をはじめとする労働者民衆の生きる権利全てを根こそぎ奪いとる資本・国家権力との闘いです。とりわけ、150か所以上の異常をほとんど放置したまま九州新幹線の全線運転再開に踏み切ったJR九州資本が推し進める今秋株上場と、それに伴う駅無人化、業務外注化と非正規職の拡大を絶対にゆるすことはできません。この闘いと一体で、国鉄1047名解雇撤回の原則を貫き、JR九州資本に対して解雇撤回・現職復帰を迫り徹底的に闘っていきます。このJR資本との闘いを貫く中で、青年労働者、非正規労働者をはじめとしたあらゆる労働者とつながり、九州全域に闘う労働組合を打ち立て、日本におけるゼネラルストライキを実現する力へ発展させていきたいと考えています。


 

 熊本大震災の未曽有の被害を前にして、しかし私たちは闘う労働組合が勝利する決定的展望を感じています。資本と国家権力による分断と圧殺にも関わらず、被災地には住民たち自身による生き抜くための団結が生み出されています。新自由主義の破綻は誰の目にも明らかとなり、社会の崩壊とも言える現実は、徹底した人員削減による「労働の破壊」と一対であることを皆が感じています。浅薄な公務員バッシングなどもはや一切通用しません。動労千葉・動労水戸を先頭にした階級的労働運動を貫く私たちの闘いは、3・11福島の怒りと結合し、沖縄の青年労働者の根底的決起を生み出し、橋下・維新を粉砕し、京大反戦ストを実現することで、この巨大な意識の変化をもたらす闘いを実現してきました。そして動労千葉がCTSの就業規則改悪をいったん阻止し、全国の動労総連合の仲間たちがストライキに立ち上がった今春闘の闘いは、2千万人の非正規労働者すべてを階級的労働運動に獲得する決定的な展望を切り開いています。



 私たち動労総連合が熊本大震災に直面し、直ちにアピールを発して全国の支援を受け被災地救援に入れたことも、3・11以来の闘いと動労総連合建設の前進が生み出した決定的勝利です。こうした闘いが、職場の青年労働者、非正規労働者を一人、また一人ととらえたときに、それが1000万の労働者民衆を獲得する力となり、この社会を変革する展望が大きく生み出されてくると確信します。その力で「新たな労働者の政党」を真っ向から呼びかける鈴木たつおさんの参院選勝利を絶対に勝ち取りましょう!


 

 最後に、本日、北九州市では原発利権と石油権益をめぐりG7エネルギー・サミットが開催されます。これに対する抗議闘争も、メーデーの闘いと一体で取り組む予定です。帝国主義の強盗会議・戦争会議を打ち破り、労働者の国際連帯をかけて闘う決意です。

 


 労働者階級の勝利に向かって、共に団結して闘いましょう!

 

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
動労総連合・九州
年齢:
1
性別:
非公開
誕生日:
2016/02/24
自己紹介:
解雇撤回、反合理化・運転保安確立をめざし、闘っています。

現在、熊本大震災の救援活動をおこなっています。救援物資・カンパの協力をよろしくお願いします。

■救援本部■ 
福岡市博多区山王1-1-15 
ローズマンション山王601号室
「動労総連合・九州」

・電  話 092-483-0860
・携帯電話 090-8177-5962

■救援カンパの送り先■
・ゆうちょ銀行 
口座番号 01720-1-128148

・国鉄全国運動・九州
(コクテツゼンコクウンドウ キュウシュウ)

P R