忍者ブログ

動労総連合・九州ブログ

国鉄九州動力車労働組合(通称:動労総連合・九州)の活動を紹介するブログです。

組合ニュースNo19 8・6ヒロシマー8・9ナガサキ集会うちぬく!

8・6ヒロシマー8・9ナガサキ集会うちぬく!

改憲阻止決戦への突入を宣言!



 

安倍に被爆者の怒り爆発!

 8月6日広島、9日長崎において、被爆72周年反戦反核の行動が取り組まれました。私たちも全国の動労総連合組合員や労働者・市民の方々と共に、核廃絶・改憲阻止・安倍政権打倒を掲げて立ち上がりました。

 今年のヒロシマ・ナガサキは、都議選の惨敗と衆参3分の2議席の喪失に怯えながら、ペテン的な内閣改造をもって今秋臨時国会での改憲案提出を目論む安倍首相に対して、多くの人が怒りを爆発させ集会・デモに次々と合流しました。とりわけ、世界100か国以上が加盟する「核兵器禁止条約」への参加を拒否し、アメリカの「核の傘」による軍事支配継続と自身の核武装を目論む安倍首相に対して多くの被爆者から「一体どこの国の首相なのか!?」と徹底的な怒りの声が叩きつけられました。

 さらに、8・9長崎集会で被爆者の城臺美彌子さんが主催者あいさつに立ち「被爆者は被爆当時の思いをいっぱいもちながら今も生きている」「共謀罪を制定し、改憲をもくろんでいる安倍政権を許すことはできない」と弾劾しました。 故郷が焼き払われ、家族も友人も失い、全てを奪われたあの戦争をもう二度と繰り返させないという労働者・民衆の決意を再び燃え上がらせ、安倍の目論む改憲・戦争を阻止しましょう!

改憲阻止するゼネストへ!


 改憲を阻む道は、選挙や投票ではなく、全ての現場からストライキに起ちあがり改憲阻止のゼネストを実現することです。韓国の労働者・民衆が1700万人のデモとゼネストでパククネ大統領を監獄へ叩き込んだように、日本でも安倍を監獄へ叩き込むゼネラルストライキに起ちあがりましょう! 


不採算の地方は切り捨てか!?

災害復旧・代行輸送要請を無視したJR経営陣


 

地元の要請を無視するJR九州 

7月5日~6日にかけて発生した九州北部豪雨から1月半が経過しました。甚大な被害に見舞われた大分県・日田市では今もなおJR日田彦山線の復旧が見通せないでいます。
 この中で、JR九州は災害発生からひと月近くもの間、不通区間の代行輸送を実施せず、地元自治体の要請を無視していたことが明らかになりました。

 7月19日、大分合同新聞HPではトップニュースとしてJR九州が日田彦山線の不通区間「夜明―添田」間の代行輸送要請を無視、やむなく高校生の通学に県教委がタクシーを手配し対応していると報じられました。記事では住民から「なぜJRが対応しないのか分からない」との声が上がったと報じられています。日田市が「市で可能な限り対応するが、JRには被災者に寄り添った対応を求めたい」と苦言を呈したことも紹介されています。

 こうした要望に対してJR九州の広報部は「要望のあったことは把握しているが、要望に回答を出すことはしていない。今後の対応は未定」と言い放っています。公共輸送を担うという責任感など欠片も持ち合わせないこのJR九州経営陣の姿勢を断じて許すことはできません。マスコミにも大きく報じられ、地元からの怒りの声が上がる中で7月31日からようやく代行輸送を開始しましたが、鉄道そのものの復旧には一切触れていません。

ローカル線の廃止ゆるさない!

 日田彦山線は過疎地の不採算路線そのものであり、JR九州は災害をこれ幸いとして廃線化することを狙っています。
 昨年の熊本震災以来不通区間となっている豊肥本線でも肥後大津(熊本県大津町)―阿蘇(阿蘇市)間(27.3キロ)のうち、肥後大津―立野(南阿蘇村)間(9.7キロ)についてのみ、4月から復旧工事に着手すると発表しましたが残りは放置したまま。その復旧工事も肥後大津に事務所を設置して調査・測量するというだけで、調べて金がかかるならやらないという姿勢が露骨に表れています。一年も放置したことで住民・利用者の怒りが沸騰したことに対するガス抜き程度にしか考えていないことは明らかです。

 発足以来ただの一度も鉄道部門で黒字化したことがないままに、熊本震災の渦中で昨年秋に株式上場をおこなったJR九州資本は、公共交通としての責務を果たすという価値観を全面的に破棄し、営利拡大のみを追求し、もうからないものは全て投げ捨てるという姿勢を明確にしています。

 豊肥本線の放置に続き、日田彦山線での代行輸送拒否はそのことを露骨に示すものです。
 こうしたJR資本に対する労働者・住民の怒りは爆発寸前です。全線路の半分を廃線化しないと生き残れないと言い放ったJR北海道の中で、ついに「動労総連合・北海道」が結成され、7月23日に結成報告集会が開催されました。

 全国の動労総連合の仲間たちと連帯し、営利優先・地方切り捨てへの怒りを束ね、JR体制を打倒するべく動労総連合・九州の組織拡大を実現しよう! 全てのJR関連労働者は動労総連合に結集しましょう!

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
動労総連合・九州
年齢:
1
性別:
非公開
誕生日:
2016/02/24
自己紹介:
解雇撤回、反合理化・運転保安確立をめざし、闘っています。

現在、熊本大震災の救援活動をおこなっています。救援物資・カンパの協力をよろしくお願いします。

■救援本部■ 
福岡市博多区山王1-1-15 
ローズマンション山王601号室
「動労総連合・九州」

・電  話 092-483-0860
・携帯電話 090-8177-5962

■救援カンパの送り先■
・ゆうちょ銀行 
口座番号 01720-1-128148

・国鉄全国運動・九州
(コクテツゼンコクウンドウ キュウシュウ)

P R